大型一種免許の知識

大型一種免許への道(一発試験) タイトル

 

大型一種免許とは

 

 大型免許を取得すると、いわゆる大型車(車両総重量8t以上、最大積載量5t以上、乗車定員11人以上のいずれかに該当する車種)を運転することができる。ただし、特定(政令)大型車(車両総重量11t以上、最大積載量6.5t以上、乗車定員30人以上の車両と、コンクリート運搬車、ダンプカー、火薬運搬車、緊急自動車等)を運転する場合は、年齢が21歳以上で、大型、普通、大型特殊のいずれかの免許を受けていた期間が通算して3年以上という条件が必要だ。

 また、貨物車に限らず、乗用車(バス等)を運転することもできるが、乗用車の場合は運賃を取らない場合に限定される。例えば職場の旅行等でバスをレンタルしてきて運転する場合とか、料亭の送迎など。他にもお客を乗せない回送や、大型二種免許の路上試験あたり。

 主に重量や乗車定員で大型車という分類分けがされているので、見た目のサイズが大きい自動車であっても普通免許で運転可能なものも多い。積載量4tのロング車(もちろん総重量8t未満)やマイクロバスベースのキャンピングカー(もちろん定員10人以下)などがこれにあたるが、「中型免許制度」の新規導入で変動が考えられる。

 

インデックスに戻る 次のページへ