大型一種免許取得(一発試験)体験記

大型一種免許への道(一発試験) タイトル

 

PART 5 試験1回目 後編(試験場にて)

 

 受験番号1番から試験開始。車の走る様子を見ながらコースを復習。合図を出すタイミング、確認位置、進路変更位置などをイメージする。受験者の半数くらいがS字、クランクまででお帰りの様子。目標は完走?

 そうこうしていると、初の完走者があらわれる。手には受験票を持っていない。もしやこの人は合格?そのとおり合格だった。順番を待つ受験生より、祝福の声があがる。すごい。聞けば10回目とのこと。やはりそれくらい回数かかるのか?先の見通しが真っ暗になってきた。やばい。

 そうこうしているうちに自分の番がやってくる。マシンは日産ディーゼル製トラック。見た目に古い。いや、実際に古いはずだ。さっきからつくっておいたイメージ通りはじめよう・・。

 車体後方にまわり、安全確認、続いて前方確認。ドアをあける前に前方後方確認する。おもむろに乗り込み、ドアロック、座席調整をしていると、「準備ができたら発車して」と声がかかる。少しばかり焦るが、ミラーの調整、ニュートラルの確認、ハンドブレーキの確認をしてエンジンを掛ける。車体がゆらゆらと揺れ出す。

 右合図を出し、ぐるっと一回り確認して発進する。そのまま3速にシフトアップして横断歩道の確認をすると、「もっと加速して」だって。右カーブと右折のための進路変更が控えているので、抑え気味に走りたいのだが・・。

 合図を出して右後方を確認して進路を変える。そして合図を継続したまま前方および右確認して右折する。次は信号右折してぐるっと回って方向変換だ。にわかに心拍数が上がる。また素早く進路変更。歩行者用信号が点滅していたので速度は出さず、信号停車。ほっと一息つく。

 信号が変わり左右確認の後に右折。すぐ左折の準備に入る。左右と側方を確認して左折。ちょっとばかし大回りぎみか??横でペンの動くような音がした。やばい。また左折、左折と繰り返す。非常に忙しい。そして課題の方向変換場所へ到着。

 教習所で教わったとおり、左を1mほど開け、頭が飛び出さないぎりぎりくらいの場所まで前進する。ギヤをバックに入れ、後方確認してすこしずつ動かす。と同時にハンドルを左いっぱい切り込む。左後輪の位置を見ながら、ゆっくりと下げていく。お!ど真ん中に入っていくじゃん。かなりいい感じ。方向が変わればいいしあまり後ろにやると接触の可能性が出るので、ほどほど入れたら、前進に移る。合図を右に出し、ゆっくりと前に出す。次もそのまま右折。合図を出し、左右確認していると、「一時停止じゃなかけん、止まらんで行く!」だって。べつに一時停止するつもりはないが・・。その後も見通しの悪い交差点で同じことを言われる。スピードが遅すぎたのか?あるいは、確認の時期が遅いのか?

 気を取り直して、次の課題はS字から。少し大回りをしたせいか、スムーズに入り込んだ。車体をできる限り外側に誘導し、2速半クラでとにかく慎重に車を進めた。そして次はクランク。そんなに不得意ではないがS字同様慎重に車を進める。ミラーのポールとの接触には特に気をつけた(右後輪ばかり見ていると前方が疎かになるから)。そして多くの人がお帰りになってしまう地点にさしかかった。探りを入れるため、「次は右いってまた右ですよね?」と聞くと、「点数がありませんので左にどうぞ」と。がっかりである。

 発着点に戻って、アドバイスがあった。内容は、@左折は左にきっちりと寄せる。A右折もラインに寄せる。B加速、減速にメリハリをつけよ。C安全確認しながらハンドルをまわさない。であった。まだまだ課題は多い。受験票を返され、免許センターを去った。今日昼からまた練習に行こう。

 

前のページへ インデックスに戻る 次のページへ